現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「正解や常識」を水平思考で考え直すブログ

ブログの概要説明

このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「完成版」タグがついた記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

「キメハラ」が示唆する、現代人の万人の万人に対する闘争について

前書き 沸点低すぎクソワロタ さて、今回はキメハラの話です。 キメハラとは鬼滅の刃ハラスメントの略語で、鬼滅の刃が映画化され、上映が開始されるや否や同時期に広まった用語で、 鬼滅ファンからそうでない人に向けたハラスメント が語源ですが今は鬼滅の…

メディアのメンタリズムEX②:嫌いボタンの倫理パラドクス(モラルジレンマ)

前書き 館長です、現世の館へようこそ! さて、今回は巷で噂の 嫌いボタン についての考察です。 嫌いボタンとは何かと言うと、Twitterで導入が検討されている"らしい"、YouTubeでいうところの 低評価ボタン のことのようです。 実装された場合、マークは「」…

真実を司る神とバイアスとクリティカルシンキングのお話

前書き 現世の館へようこそ! 今回は、本館の最高顧問のお話です。 真実を司る神と聞くと、人によっては、ポケモンのキャラクターを思い出したり、ギリシャ神話の神様を思い出す人もいて、人によって想起するものはまちまちだと思います。 ちなみに館長はレ…

メディアのメンタリズムEX①:脱法カウンセラーの台頭

脱法アドバイザーの台頭 - 世の中の情報発信者の全てに該当する、根拠の付け方についてお話

BIG-5とHSPの診断項目の共通点から考察する、自分の「トリセツ(説明書)」の作り方

前書き 現世の館へようこそ! 今回は、過去記事で中途半端に終わってしまった、HSPさん考察の続きです。 前回は、16タイプ診断を元に 内向性とHSPは別軸で考えなければならないようです と結論づけて終わりました。 今回は、それとは別の視点から考えていこ…

毒親育ち必見VTuber!【毒親サバイバーれな】

前書き 館長です、現世の館へようこそ! 今回は、現世の館では初のYouTuberさん紹介企画となります! ★★毒親育ち系VTuberれな★★ 毒親サバイバーれなさんってどんな人? 埋め込み動画について現在、動画閲覧が難しい場合は「後で見る」ボタンを押していただく…

地域共通クーポンのアノ文字の正体

前書き Go To トラベル東京追加から2週間が経過しようとしていますが、地域共通クーポンを巡って発生したトラブルも相次ぎましたね。 地域共通クーポンの、小さく書かれた TRAVEL この文字列が発券機のロット差の問題なのか、汚い表記のものがあり、偽…

HSPと女性脳と内向と金星人の話

前書き MRIのなかった頃の精神医学の話 現世の館へようこそ! 今回は、HSPや繊細さんといった、感受性の豊かな人の価値観について、ウツシヨ式考察をしていきたいと思います。 精神医学の世界ではかつて、 ジークムント・フロイトが、自由連想法によって患者…

スマホ代?5G?それより先に決めておくべきマジで大事な話

前書き 菅さんが総理になって打ち出したスマホ代の話。 もちろん安くなればその方がよろしいですとも。 しかし、スマホ代を安くするにしても、5Gをより多くの世帯に普及するにしても、ある視点から見ていくと、このIT戦略は実は破綻に終わる可能性があります…

メディアのメンタリズム③:エビデンスは小さく、考察は大々的に見せる

前書き 公正な根拠とは何たるや 私たちは何かのサイトで調べ物をするにあたり、資料に根拠がなければ、ほぼ全力でそのサイトをスルーしますね。 逆に、根拠があるなら安心できると思いがちです。 しかし、その根拠自体に正当性があるのか、公平性や汎用性が…

トランプ氏予想外のコロナ感染。でも心理学的には予想の範囲内だった理由

前書き メディアのメンタリズム解説第3回の予定でしたが、この話が舞い込んできたので、予定を変更して投稿しています。 まあ、正直なんとも言えないですね。 とりあえず言っておく言葉があるとすれば、 さっさと治せDJT(Cure quickly DJT) でしょうか? ブ…

メディアのメンタリズム②:モラルジレンマで視聴者の感情を揺さぶる

前書き こんばんは館長です、現世の館へようこそ! メディアのメンタリズム解説第2回にちょうどいい題材がたまたま転がってきたので、今回はそれを載せて、話を進めてみます。 まずは下記の記事をご覧下さい。 23日放送『スッキリ』水卜麻美アナに批判続出!…

メディアのメンタリズム①:リードサムネの効果と業界の深ーい闇

前書き なにげに本館でメンタリズムをまともに扱うのは初の試みかもしれませんね(笑)。 以前は「現世式中央心理推定論」などの16タイプ診断をベースにした独自読心術を解説していたこともありましたが、今回は、社会的に広く知られている心理学(メンタリ…

"Go To"? 「ステイホーム」? あなたのキャラから考えるWithコロナ戦略

前書き Go To キャンペーンへの東京追加が10月から本格化することが決まり、東京内外問わず、観光客による旅行宿泊予約が殺到しているようです。 観光業をはじめ、飲食店など商業の促進が期待されているところですが、その中で、コロナウイルス対策として、…

「スペクトラム性」と「脳の構造」を正確にとらえ、すべての心理学に活用しよう

前書き どうも館長でーす。現世の館へようこそ! 今回は、スペクトラム性と脳の構造について、徹底解説していきます。 人間の精神の特性を説明するとき、世に数多ある精神医学の本では スペクトラム性(連続性)がある 明確な区切りはない 幅のあるもの とい…

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。