現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「正解や常識」を水平思考で考え直すブログ

ブログの概要説明

このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「完成版」タグがついた記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

経営者や管理職の何割かにいる「殺心鬼」の特徴がマジでヤヴァイ!

前書き

 

 

おひさです館長です。

現世の館へようこそ!

 

今回は、殺心鬼の話をしていきます。

 

誤植ではないですよ?殺心鬼です!

 

というのも現代の日本社会は

が流行り出す一方で、サイコパスの悪行を暴こうとしても、

がある限り、心境を罪に問うことができません。

そのためサイコパスに目をつけられたばかりに、嫌なことをされては泣き寝入りするというジレンマが後を絶ちません。

 

内心の自由が、学校教育や職場でのいじめや差別の撲滅を妨げていることは明白ですが、日本国憲法が変わらない限り、法改正もしょうがないため、私たちは、あくまで自衛の術を持ってサイコパスに立ち向かわなければなりません。

 

今回は、人殺しならぬ心殺しと書いて殺心鬼と読む、これらの人間のパーソナリティの特徴と、どんな人物に当てはまりやすいか、考えていきましょう。

 

 

サイコパスが管理職に起用されやすい理由

 

サイコパス式売上のスパイラルの存在

 

サイコパスだから経営者として成功しやすい?

 

サイコパスと事業力・経営力の相関関係

 

 

サイコパスと"毒親"に共通する人間関係の価値観

 

 

 

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。