現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「これが正解」を水平思考で再考察するブログ

ブログの概要説明

 このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

 可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

 前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「編集中」タグが無い記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

知らないと人生終了:あなたの人生をコッソリ台無しにする「リーカー」にご用心

前書き:人生が台無しになる前に防いで欲しいこと

 

古今東西、どこにもいるので本当に気をつけたい存在がいます。

正直、メンタリストDaiGo氏が紹介したカバートアグレッションより、だいぶ酷いので、ここらで1発警鐘を鳴らしておくべきかと思い、記事執筆に至ります。

 

一昔前からウィキリークスWikiLeaks)が一般名刺になりましたが、そのリーク(内部告発)を行う人(-er)を繋げて、

「リーカー」

と呼びます。

 

彼らは

「カバートアグレッション」

よりも悪意が見抜きづらいうえ、善人面しながら他人の弱みを握ることにかけて、天才的な才能を発揮します。

 

カバートアグレッションが風評被害をもたらす害悪なら、リーカーは人の悪い事実を公然に晒す害悪と言えます。

 

彼ら「リーカー」は、飲み会の席など、こちらの心(警戒心)が緩んできた頃を見計らって、あなたのパーソナルスペースに土足で踏み上がり、あなたの発言を記憶しています。

そして常にあなたのストレス要因をチェックしてきます。

 

彼らにひとたび弱みを握られると、あなたはいつまでも

「やばい、いつ秘密を上司にバラされるかわかんない、マジ絶対服従ぴえん(´;ω;`)」

なんてことになりかねません。

(最悪定年まで引きずります)

 

そんなやばい存在である

「リーカー」

を見抜き、一日でも早くリーカーの魔の手から逃れる術を講じるべく、皆様はこの現世の館にて学習していただければ幸いです。

 

リーカーのパーソナリティ

パーソナリティ的には何に属すか?

声の大きい側に取り繕って周りを牽制する「ガヤ系」

リーカーの基本性質として、とにかく村八分を嫌います。

自分が村八分にされないために声の強いひとの犬になり、敵のやましいネタを探り、密告するのが大きな心理特性となっています。

つまり、逆に言うと

  • 自分がちっぽけなひ弱な存在であること

を理解しており、なおかつ権力者への反抗を極端に恐れる「流されタイプ」ということが言えます。

 

スネ夫みたいなカバートアグレッション型と違い、自ら心理攻撃を下さず、味方に攻撃させることで相手を弱らせようとするところに、陰湿さが現れています。

 

ただ、このリーカーの攻撃性が効果を持つのはヒエラルキーの中限定で、

  • 全ての人が個として扱われる局面
  • 集団形成が行われない局面

といった個人戦では、リーカーは丸腰同然の無力な存在になります。

自分に味方してくれる力のある存在がいて初めて、人を貶める能力を発揮する人間性なので、こういった人達には基本的に人を統べる力がありません。

 

全国の経営者の皆さんはこういった人を出世させないよう気をつけましょう。

さもないと自分の会社が能力のない役持ちばかりなって会社が傾いてしまいますよ(笑)

 

リーカーを見抜く最大のポイント

リーカーは自分が限りなく常識人だと勘違いしている:正常性バイアス

正論を並べる癖があるなら、そいつはリーカー予備軍

 

 

品行方正なリーカーなんていない。ヤバいやつは所詮ヤバいやつ。

 ダーク系パーソナリティに共通する心理特性のひとつに、

  • 自分は真人間だと主張する

という、思考のくせがあります。

「自分は品行方正で真面目な存在なのだから、やってることも問題は無いのだ」

というのが、彼らの主張です。

しかし、誰かを傷つける前提で正義感を振りかざすことには正当性などびた一文ありません。

 

リーカーの価値観は、正義感の押し付けでしかないことを、覚えておくと良いでしょう。

 

 

こいつリーカーかもと思った時はどうすれば?

具体的な対処法など続きはCi-enフォロワー枠にて!!

現世の館 (うつしよ の やかた)プロフィール - Ci-en(シエン)

 

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。