現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「正解や常識」を水平思考で考え直すブログ

ブログの概要説明

このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「完成版」タグがついた記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

芸能人の止まらない事務所退社から学ぶ、「ESBI」の前提とポートフォリオの考え方

前書き

 

 後を絶たない、芸能人の事務所退社ラッシュですが、思えばSMAP解散・事務所退社を皮切りに本格的になったような気がします。

 

 実際はどうなのかはいったん置いておくとしても、事務所を退社するということは、いわゆる会社員ではなくなるわけですから、独立や転職などをして生計を立てなければならないわけです。

 

金融の世界で有名な書籍『金持ち父さん貧乏父さん』の中でも記述されていますが、世の中のすべての職業は4つの分野に大別できるそうです。

その4つというのが

  • Employee(従業員、被雇用者)
  • Self employee(自営業者)
  • Business owner(ビジネスオーナー)
  • Investor(投資家)

以上のように分類されます。

 

時間とお金の観点から将来を説く大人たち

 多分こんな不思議なブログをわざわざ見に来る皆さまであれば、すでにご存じの方も多いのでしょうけども、多くの自称成功者はBIを積極的に推奨してきます。

 ビジネスオーナー、いわゆる役員や社長に見られる立場は、意思決定の必要性はあれど、よほどのことがない限り最前線で忙しく動き回ることはありません。

 さらに、会社の上層部に君臨する身ですから、当然会社の利益のほとんどを持っていくことになります。

 時間を持て余し、意思決定ひとつで多額の報酬が得られるわけですから、理屈で語れば推奨しないほうがおかしいでしょう。

 

 また、投資も、推奨する人が多いジャンルです。

 やり方ひとつマスターすれば、一獲千金を狙いに行けるという謳い文句のもと

 など、様々な観点から投資にいざなう人たちが現れます。

 

ESBIのそれぞれの前提条件

 

で、結局どれが一番いいの?

 

 

 

 

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。