現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「これが正解」を水平思考で再考察するブログ

ブログの概要説明

 このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

 可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

 前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「編集中」タグが無い記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

「個で稼ぐ時代」の裏の裏を読み解く「アンサンブル分析」と、「アフィリエイター信用評価基準」の実用性について

前書き

 令和の時代になり、様々なところで新商品・新サービスが展開し、商品選択の幅が広がっている今日この頃。

 商品バリエーションが豊かになったのは高評価なのですが、一方で感じるのが

「一昔前より商品設計の緻密さが無い」

ということです。

 というのも、イヤホンのイヤーピースひとつ取っても、ちょっとズレただけでポロッと取れたりします。

 もちろん大手企業の販売する商品にはそのようなことは少ないですが、百円均一ショップで売っているイヤーピースのスペアは、本体とのはめ込みの部分がツルツルで、すぐに取れてしまいます。

こういうものを買うと

「何回も買わせるために、わざとなくしやすい構造にしているんだろうな」

と思ってしまいます。

 

 それと同じようなことがアフィリエイターにも言えます。

    商品の魅力や利点ばかりを宣伝し、注意しなければならないことや、絶対にできないことには極力触れないようにして、商品を宣伝しているサイトはごまんと見受けられます。

 今回は、私たち消費者が正しい判断をするにはどのような技術を駆使するのがベストなのかを考察し、存在価値のない情報をまき散らす愚か者を合法的にBANしていこうという、結構なラジカル回です。

 

本編公開の際には、タイトルにあるように「アフィリエイター信用評価基準」を公開し、皆さまの有意義な消費行動に活用できるようにしていく予定ですので、お楽しみに。

 

とにかく比べようとすると手間ばかりかかる

一昔前より顕著なのが、ネット通販でもなんでもそうですが、寸法すらまともに調べる手段がないということ。

ほとんどの商品には、延長、幅、高さなどの実際の寸法が存在します。

形あるものその寸法が存在するのは普通のことです。

にもかかわらず、その寸法がまともに記述されていな商品が至る所で見受けられ、ちゃんと設計管理してるのかなと不安になってしまいます。

 

 

 

参考図書

アフィリエイトがまるごと分かる本2017  デキる儲かる王者の法則』

 

後援:EXCIA株式会社

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。