現世の館 (うつしよ の やかた)

世の中の「これが正解」を水平思考で再考察するブログ

ブログの概要説明

 このブログでは、世の中にある各テーマごとの隠れた真実を炙り出すため
 ・「水平思考で可能性を列挙」し、
 ・「ロジカルシンキング」
によって深堀りしていきます。

 可能性を列挙する際に、背反する事象を同時に取り上げることがあります。
(同時に起こりずらいと考えられる事象「A」「B」を仮に同時に起こると仮定したら、という考え方をするということ)

 前書きと本文見出しを先行公開していますが、見出しレベルでも内容が分かるように記述する予定です。内容までしっかり読みたい方は、「編集中」タグが無い記事をお探しください。

☆☆☆ 目次はこちら ☆☆☆

タイトルのみ

AIと働き方改革の発展を妨げる要因から考える、私たちの望む未来の作り方

前書き AIの目的 人の社会生活を豊かにする 今世紀の目標 ヒューマンエラーを予防する 仕事をアシスタントする 仕事を肩代わりする 世論からの疑問 自分たちの仕事が無くなるのでは? AIに管理されてしまうのでは? AIに任せて大丈夫なの? 専門家の見解 単…

「知識 VS 経験」どっちが大事か問題から考える、超情報化社会の裏道と誰も知らない情報へのアクセス方法について

前書き 前書き 知識・情報メインで戦う場合のメリット・デメリット 超情報化社会≒0から1が大量生産される社会 過去の情報の焼き直しが多い ユニクロのMA-1ブルゾンに見られるリトレンド戦略 むしろ著作権切れの内容は積極的にうpしてよいのでは? 知識・…

個人でサブスク商品を売るときの話

前書き 今回は売り手メインの話をします。 経営のそもそも論 「¥売上の法則」 ¥=a:価格 × :見込み客 × :リピーター数 サブスクリプションとは メリット 月額課金制なので、ほっといても毎月金が入る X:見込み客=Y:リピーター数で計算することが可能(a:価…

うまい話の裏側から考察する、”ハイドな投資スキル”の向上法について

前書き 世に出回るほとんどの投資案件は、事業主が情報商材で収益を得るために存在するものです。 なので、どんなに蓋を開けても有益な情報は出てこないことが常です。 考えてみれば分かるとおり、大口投資家しか知らない投資エッセンスを大衆に公開したら、…

新コロのデマ情報を機に改めて考える、正しい情報と信用出来る人間の見定め方

キーワード ギバー、テイカー、トップギバー ダークトライアド、マキャベリズム 大事なものをひとつの籠に盛らない

時代に左右されない存在から見習う、私たちの100年時代の活路について

前書き 前書き 時代に左右されるとはどんな状況? いつの時代にも存在する「あるある事例」 「いつの時代にも存在する問題」を解決する商売:誰もが参入できるから競争が激しい ビジネス商材はいつの時代でも需要があるが供給過多気味・・・ 恋愛商材もプロアマ…

「個で稼ぐ時代」の裏の裏を読み解く「アンサンブル分析」と、「アフィリエイター信用評価基準」の実用性について

前書き 令和の時代になり、様々なところで新商品・新サービスが展開し、商品選択の幅が広がっている今日この頃。 商品バリエーションが豊かになったのは高評価なのですが、一方で感じるのが 「一昔前より商品設計の緻密さが無い」 ということです。 というの…

やたら★5評価が多い作品の作り方から考える、需給の逆転現象とは

★5評価の作り方 沢山アカウントを作る。 投稿した商品に好き勝手★5レビューする。 ★5評価であることをネタにセールスする。 これだけです。 簡単でしょ?

現世の館(うつしよのやかた)はリンクフリーです。

どなた様も自由に記事のリンクを利用するることができます。